日記でつながる続ける家計簿
たまる家計簿 モバイル
やさしい使い方 - 上級 -
やさしい使い方 - 上級 -
1. 締日の変更
たまる家計簿では、「月間まとめ」から、一ヶ月間の収支合計・財産変動を確認することが出来ます。
この集計の期間はデフォルトで月初 - 月末(締日が月末)になっていますが、締日を変更することが出来ます。(設定・予算作成 - 会員設定)
もし、給料日前後から一ヶ月の集計を管理したい場合は、締日を変更してください。
もっとも、家計簿をつける最大の目的は、支出を意識して管理することにあると考えていますので、あまりここにこだわらないほうがいいかもしれません。
2. 支出先の登録
支出先を登録することで、特定の支出先(例えばネット通販やスーパー、コンビニなど)での使いすぎを発見することができます。(設定・予算作成 - 支出先設定)
よく使うお店や通販サイトなどを登録しておくと、自分の消費傾向がつかめていい節約のアイデアが分かってくるかもしれません。
いったん登録した支出先でも、非表示に設定したり、明細入力の際に表示される順番を変更したりすることも出来ます。
3. 費目の追加と削除
初期状態では、一般的に使用される費目が登録された状態になっています。
ですが、もっと細かく管理したいと考えたり、もうちょっとざっくり管理すれば十分、という場合には、費目の設定を変更してみてください。(設定・予算作成 - 費目設定)
支出の項目ははじめから結構細かい費目が入っていますので、非表示に設定したり、資産項目や負債項目は自分が所有する口座やカードを登録してきましょう。
4. 予算の作成
予算を作成することで、その月の使いすぎや余裕がある費目などが、「月間まとめ」で確認できるようになります。
また、予算は一回作成すれば、前月分をコピーできるので、作成も簡単です。
ぜひ予算を作成して、今月使っていい財産を把握してみましょう。きっと便利ですよ。
5. 資産移動の入力
資産移動は、例えば銀行からお金を下ろした場合(預金 -> 現金)のように、ある資産を別の資産に変わった場合に入力します。
これを行うことで、いま銀行にいくらあるのか、現金はいくらあるのかを常に把握できるようになります。
6. 資産変動の入力
資産変動は、例えば株が上がったり、銀行やローンに利子がついたりした場合に入力します。
なかなか使う機会はありませんが、含み損・含み益なども管理可能になっています。
7. 自分なりの家計簿にカスタマイズしましょう
費目や支出先を登録して、自分なりのカスタマイズされた家計簿を楽しみましょう。
ますは、支出先を登録して、コンビニや通販での使いすぎをチェックします。
なれてきたら、費目を追加して、銀行口座を複数作ったり、収入を細かく分けたりしましょう。
また、使わない費目は非表示に設定することで、入力がカンタンになります。
ぜひ使い込んで、使いやすい家計簿にしてみてください。
戻るトップ
スポンサー
お問合せ 運営
たまる家計簿サポーターになりませんか?