お金のたまる一言アドバイス

家計簿を続けていくには     一覧

☆家計管理を義務と思わないこと☆

 これが1番大切では!って思います。

 毎日毎日、「家計簿をつけなくちゃ」って最初は頑張るはず。 だけど、そのうち「あ~、つけなくちゃなぁ~」って気持ちに変化してきます。

 いろんなことが忙しくなってくると、家事や育児、仕事が優先してしまって 家計管理が二の次になっていきます。 

  毎日、つけなくても良いって気持ちがあってもOKと思います。  しばらくさぼってしまったら、その月はいさぎよくあきらめるのも手です。

  気持ちを新たに翌月からまた始めましょう。

☆おおざっぱで構わない☆

 家計簿の始まり月に「さぁ!今年こそがんばるぞ」って家計管理を始めます。

 けれど、いつの間にか記入しなくなってしまっている・・・ そんなことってありませんか?  

  挫折してしまった家計管理を振り返ると、項目がやたら細かくなっていたり、残金があわなくてイライラ。 そんなことはないでしょうか?  

  そんなに神経質にならなくて良いのです。 銀行ではないのだから、1円、10円、100円あわなくても家庭には支障はありません。

 「不明金」という項目を作って、いくらまでだったらOKという風なルールを決めてしまいましょう。